English
HOME > 技術情報 > チタンの特性

チタンの特性

チタンは、軽い・強い・錆びにくい、
厳しい使用条件・環境にも対応、
多彩なメリットを持つ魅力あふれる最先端の実用金属です。

チタン本来の特性に加え、
純チタン・チタン合金としてさらに優れた性質を発揮、
先端技術に欠かせない存在です。

チタンは、本来持っている特性を活かしつつ、アルミニウム、バナジウム、パラジウム、モリブデン、クローム、ニオブなどを添加することにより、機械的・物理的・化学的な性質をいちだんと高めた合金もつくられ、先端製品、未来技術の開発に不可欠な材料として用いられています。

軽量

チタンは、比重4.51で、銅の約1/2、鉄の約60%という軽さです。

軽量

高耐食性(耐海水性)

チタンは、海水中では、白金に匹敵する耐食性を発揮、他の主要金属より優れています。

高耐食性(耐海水性)

高比強度

チタンは、重さあたりでは、アルミニウムの約6倍、鉄の約2倍の強度です。

高比強度

無害・生体適合性

チタンは、金属アレルギーなどを起こしにくい、人体にやさしい安全な金属です。

人工骨
人工骨

不燃性

チタン展伸材は、国土交通省から不燃材料として認定されています。

浅草寺本堂
浅草寺本堂

浅草寺本堂
東京ビッグサイト

その他素材特性

チタンは、プラスアルファーの優れた物理的・化学的・意匠的な素材特性を発揮します。

その他素材特性